離婚について



探偵名古屋なら名古屋浮気調査サポートセンター

専門家が離婚について解説します!

>離婚について

 

 

言い逃れさせない確実な証拠を

芸能人が離婚する際、「性格の不一致で…」という話を、TVでよく耳にしますが、離婚原因の第一位は、「性格の不一致」第二位は、「夫・妻の浮気」だと言われています。

 

民法では、夫婦は互いに貞操を守ることが義務付けられています。
したがって、この義務に反し、どちらか一方が浮気をした場合は、他方は、浮気を原因に離婚請求をすることができます。
※民法でいう「浮気」とは「不貞行為」と呼ばれ、この場合、性交渉を伴わない関係は、不貞行為とはみなされません。

 

協議離婚
約90%を占める方法であり、どんな理由であれ夫婦間で離婚に合意したら、裁判所を介さず、離婚届を提出するだけで、離婚が成立となる。

 

調停離婚
相手に協議離婚に応じてもらえない場合、家庭裁判所の調停によって成立する離婚。第三者を交えての調停の結果、夫婦が離婚に合意し調停調査が作成され、離婚が成立する。あくまでも、最終的に夫婦での合意が必要となる。

 

審判離婚
調停離婚が成立する見込みがない場合に、家庭裁判所が調停委員の意見を聴きながら、離婚すべきであると判断した場合に、職権により離婚を言い渡す。これに2週間以内に不服申し立てをしなければ、離婚が成立する。どんな理由でも不服申し立てをした場合、離婚は成立しない為、審判離婚の成立は、難しいと考えられている。

 

裁判離婚
最終的な離婚方法となり、審判離婚でも離婚成立とならなかった場合、夫婦の一方が家庭裁判所に訴えを起こし、離婚を命じる判決がなされると離婚成立となる。民法に定める法定離婚原因(不貞など)がある場合に限り、提訴できるが、提起する前に、まず家庭裁判所において調停をすることが必須となる。

 

 

あなたは、夫・妻の浮気が発覚したら、どうしますか?
愛する人に裏切られたショックや浮気相手への怒り、今後の不安…。
夫・妻に浮気をされた方の心の傷は深く、事実を知った後すぐに、離婚を考える方はたくさんいます。
浮気が発覚した場合は、浮気をした夫(妻)・浮気相手に、慰謝料を請求することができます。
(※夫婦が事実上離婚している場合・事実上の離婚に至っていなくても既に婚姻生活が破綻している場合を除く)
しかし、もしも突然の裏切りにより感情や勢いに任せて離婚を決めてしまうと、相手が浮気を認めず離婚手続きができなかったり、もらうことのできた慰謝料の半分ほどしかもらえなかったりという離婚の失敗例は、名古屋でも多くあります。

 

 

高い調査力をお約束しますあなたが浮気を原因に離婚したい!慰謝料や財産分与も有利に進めたい!と考えているのなら、「不貞行為があった」ということを証明するために、確実な証拠が必要です。
ここでいう証拠とは、写真・メールでは、浮気と認められません。

 

ではどのようなものが、証拠として認められるのでしょうか?最も決定的なのは、やはりラブホテルの出入りをしたことがわかる写真です。

 

一般的にラブホテルは、性行為を行う場所と認識されているため、言い逃れが難しくなります。また、ビジネスホテル・自宅などはラブホテルに比べると、証拠としては弱くなりますが、複数回繰り返している事実があれば、より決定的な証拠に近づきます。

 

意外にも、「キス」「手をつなぐ」「2人きりのデート」などの、傍から見れば明らかに不信感を抱くものも、法的な証拠としては弱くなります。あくまで「肉体関係を証明する」証拠でなければならないのです。

 

 

 

浮気調査は私たち専門家へ「わざわざお金を払って、探偵に頼まなくても、証拠くらい自分で手に入れられるんじゃない?」そう思っていらっしゃる方は、要注意です。

 

自分で浮気の証拠を得るのは相当な苦労を伴います。例えば、ラブホテルの出入り写真1つをとっても、その証拠写真を押さえるためには、対象者の行動・行き先を把握し、気づかれないまま写真を撮ることができるような一定の距離を保ち続けなければなりません。その際、夫・妻という近い存在の人が尾行をすると、気付かれる可能性が高くなります。

 

そこで、私たち探偵を利用してください。
浮気調査サポートセンターの調査員はもちろんプロですし、対象者とは赤の他人ですので、どれだけ近づいても不審に思われません。決定的な証拠があれば離婚にかける費用や時間の削減ができ、希望の慰謝料、またはそれに近い額をもらうことができる可能性が高まります。

 

勝てる強力な証拠をご希望なら!浮気調査サポートセンターに、ご依頼ください。

 

必見⇒専門家が慰謝料について解説します!


トップページ 当事務所の特徴 料金 お得なプラン 口コミ特集 Q&A